こんにちは!

ダイエット方法って無数にあって、毎年いくつも新しいダイエット方法が生まれているじゃん?

その割には、ダイエットが簡単に成功するようになったかっていうと、そうでもないと思う。
未だに「ダイエットしたい」が口癖の女の子多いし。

でも、最もスタンダードな「食事を減らす、運動する」。
新しいダイエット法を試さなくても、このシンプルな方法を続ければ誰だって痩せれるはず。

痩せれるはずだけど、実際はそんな簡単な話ではない。

人間はとにかく面倒くさがり。
1日数分の作業でも、楽しくないことを続けるのはめんどくさい、やりたくない。

毎年出来るだけ簡単に短期間で痩せれる方法が人気になるけど、どれだけ楽そうな方法でも、数年後には廃れている。

どんな楽そうな方法でも、挫折する人が圧倒的に多い。
ダイエットを続けることって、どんな方法でも難しいよね。

ということで、ダイエットで大切なのは楽な方法を見つけることじゃない。
ダイエットで一番大切なのは、「めんどくささを軽減し、ダイエットを続けやすくする方法」を知ること。

人間はめちゃくちゃ弱い

俺は、根性論や精神論が嫌い。

「本気で痩せたかったら、食事を減らして、運動すればいい。」
これは正論だけど、それが出来るならみんなしてるっつーの!

なんの工夫もなくダイエットしても、たいていの場合はモチベーションが続かなくて挫折する。

根性論は捨てて、人間がめちゃくちゃ弱い存在であることを前提にして、ダイエット方法を探していくべき。

弱音を吐いたっていいんだよ。

人間は面倒くさがり

「めんどくさい」
この言葉は甘えてるようで、なかなか言い訳に使いにくい。

でも、実際はこの「めんどくさい」という感情は強力で、人間をかなり支配してると感じる。
ダイエットに限らず、勉強や仕事でも「めんどくさい」は最大の敵の一つ。

ダイエットをめんどくさいと感じることに罪悪感を感じないで欲しい。

めんどくさがりなのは人間として当たり前。
差がつくのは「めんどくさい」のコントロールが上手いかどうか。

めんどくさがりなのは必ずしも悪いわけじゃない。
人間の「めんどくさい」という感情が電化製品とかコンピュータとかを生み出し、世の中を進歩させているんだから!

ちなみに俺は、めんどくさいことはすべてロボットに任せて、俺自身はずっと女の子と遊んでいていい未来が早く来ることを待ち望んでいる。

「めんどくさいを言い訳にするな」は禁句

めんどくさがりなのは、人として当たり前、悪いことでもない。

というわけで、ダイエット心理学では、「めんどくさいを言い訳にするな」は禁句。
めんどくさいのなら、それを隠さなくていい。

「めんどくさいを言い訳にするな」なんて言うダイエット方法は、ろくなダイエット方法じゃないと思う。

モチベーションは続かない

ダイエットの初期はたいていやる気に満ち溢れているもの。
だけど、いつの間にかめんどくささとか辛さとかに負けてやらなくなってしまう。

そんな経験があるのでは?

俺もある。
ダイエットに限らず、勉強、仕事、筋トレとかでもね。

「人間のモチベーションというのは長続きしないもの」
これを前提としてダイエット方法を考えていこう。

何もせずにモチベーションを持続させるのは難しい、やる気を持続させるには工夫が必要なんだ。

楽して痩せる為の「ダイエット心理学」

ダイエットを続ける為には、「めんどくささ」、「モチベーション」この2つのコントロールが重要。

「モチベーション>めんどくささ」を維持することが、ダイエットを持続させるコツになる。

だけど、この関係を維持させるのは難しい、だからみんな挫折する。

ここで役に立つのが心理学。
めんどくささの軽減、モチベーションの維持に心理学を利用することで、「モチベーション>めんどくささ」を維持を楽にすることができる。

具体的な方法を紹介していく。

自分にプレッシャーをかける

ダイエットを途中でやめにくい状況に自らを追い込むことのは、かなり有効な方法。
具体的に言えば、周りの人にダイエットを公言したり、ジムに入会する方法。

人は、得や賞のためよりも、損や罰を避けることを優先する生き物。

ダイエットジムなどが高くても効果が高いのは、「お金を払ったのにやめられない」、「トレーナーの目があるからサボリにくい」などの心理学的理由もある。

絶対に痩せたい人はこの心理を利用することをオススメする。

確実に痩せるダイエットは、自分にプレッシャーをかける方法

痩せる習慣を増やす

何もしなければ、モチベーションというのはどうしても減っていく。
それに対処するには、習慣の力を利用する。

太っている人は体質だけでなく、太りやすい習慣が多い人が多い。
太りやすい習慣を痩せやすい習慣に変えていくことで自然と痩せやすくなっていく。

痩せるなど目に見える効果があれば、モチベーションは維持される。

目標の定め方を工夫する

ダイエットをするのには、何か理由や目的があるはず。

目標の定め方を工夫することで、目標を達成率は大きく上昇する。

太りにくい体質を作る

太りにくい体質を作って痩せる方法はすぐ結果が出にくい。
ただ、そのぶんリバウンドもしにくい。

ダイエットで目標を達成しても、ダイエットをやめたら体質が変わらなければリバウンドしてしまう。
ダイエットで無事目標を達成してもリバウンドしないためには、太りにくい体質づくりが大切。